後悔したくない!注文住宅の間取りについて


リビングの広さを決める時のコツ

家の中で、一番長い時間を過ごすのがリビングだという人は少なくないでしょう。そのため出来るだけ快適な空間にしたいものです。そこで注文住宅で家を建てる際にやっておくと良いのが、まず置きたい家具を決めておくというものです。家具の大きさを測っておき、図面に書き込んでみましょう。正確に縮小させておけば、導線や実際に置けるのかが判断できます。もしも好きな家具が置けないならリビングを広くする、あるいは使わないスペースができるなら狭くすれば良いなどの判断材料になるのです。

階段の位置を考えましょう

二階建てや中には三階建ての家にしたいと考えているなら、階段の位置は重要です。使いやすいようにと、リビングに設置する場合があるのですが、冷暖房が効きにくくなることがあるのです。そのため階段は生活空間から離れた場所に設置するのが良いでしょう。また階段の下はいわゆるデッドスペースになりがちなので、収納ができるようにしておくなど工夫をすると良いです。

浴室の位置をどこにするのかについて

浴室をどこに設置するのかによって、快適な間取りになるのかが決まるといっても大袈裟ではありません。やってしまいがちなのがリビングの隣に作ってしまうことです。この場合、必ずリビングを通らないと使えなくなってしまうのです。もしそうならゲストを招いた時に、風呂上りの姿を見られることになるので、リビングと浴室の場所は離したいです。ただし配管の位置によって、どうしてもリビングの隣に作らなければいけないなら、仕切り板やカーテンを取り付けると良いでしょう。

テレビでも特集されるほど、千葉の注文住宅は印西市が注目を集めています。周辺には大型ショッピングセンターが立ち並び、生活がしやすいです。