環境を考えよう!失敗しない注文住宅のコツ


周辺環境の良い土地を選ぼう

注文住宅を建てるときには環境を考えるのが大切で、いかに優れた住宅を建てることができたとしても周辺環境の影響によって住みづらくなってしまうリスクはないわけではありません。土地選びから始めるときには土地の周辺がどのような環境になっているかを必ず確認しましょう。住宅街の一角にある土地であればあまり心配はないでしょう。しかし、土地を見に行ってみたら繁華街の中にあったり、工場の裏手にあったり、コンビニとオフィスビルに挟まれていたりすることもあります。周辺に何があるかによって受ける影響は異なるので、どんなメリットとデメリットがあるかを考えて、その土地で大丈夫なのかを吟味するのが大切です。

調和を考えてデザインを決めよう

周辺環境が良さそうな土地が見つかったときにもう一つ重要なのが、建てる住宅のデザインです。お気に入りのデザインにしたいと考えるのはもっともなことですが、できあがってみたら幻滅したというケースもあるので注意しましょう。周辺環境との調和性を重視したデザインをすることで見栄えの良い住宅に仕上がります。古い街並みに突然ピカピカの家が建つとあまり調和せず、周囲からの目も厳しくなりがちです。くすんだ色調の家にするといった工夫をすることで調和性が高くなります。また、色の種類にも注意が必要で、白い家ばかりのところに赤や黒などの家を建てると目立ってしまいます。やはり同じような色調を選んでデザインするのが当たり障りがない方法でしょう。

名古屋の注文住宅は、東海地区を代表する大手や中小の住宅メーカーだけでなく、地域に密着した設計事務所や工務店などで販売が行われています。