注文住宅で理想の家を建てるコツ!教えます


設計士と思いっきりコミュニケーションをとろう

完全自由設計で家作りを行なう注文住宅で理想の家を建てるコツとしてまず挙げられるのが、設計士としっかりとコミュニケーションをとることです。注文住宅においては一番最初の工程である設計段階が最も重要な段階となります。この設計段階において、自分の家に対する思いをいかにして図面に落とし込めるかが鍵を握ります。従って、設計士と積極的にコミュニケーションを取って、できるかぎり要望を図面に落とし込んでいくようにしましょう。

建築中はこまめに建築現場へ足を運ぼう

また、建築中もこまめに建築現場を訪れる、といったことも注文住宅で理想の家を建てるためには重要なポイントとなります。通常、設計が完了したら、あとは現場責任者が設計通りに建築が進められているかどうかを厳しくチェックしていきますので、手抜き工事や工期が遅れる、などといった心配は基本的にはありません。しかし、実際に現場に足を運んでみたら、図面で思い描いていたイメージと異なっていた、といったケースは少なからずあります。そんなとき、図面に大きな変更が伴わなければ、現場においてフレキシブルに変更することも可能ですので、現場へ足を運ぶことは非常に大切となります。

フォローをしっかりしてくれるハウスメーカーを選ぼう

そして何よりも大切なことは、フォローをしっかりしてくれるハウスメーカーを選ぶことです。家が完成した後も、万が一不具合が生じた場合には迅速に対処してくれるか、また、完成後も定期的にメンテナンスしてくれるかは、末永く安心・安全に、そして快適に生活していくためには必須となります。したがって、アフターサービスが充実したハウスメーカーを選ぶことも理想的な家を建てる上では大きな要素となります。

横浜の注文住宅を建てる前の事前準備として、実際に展示場で家を見て、間取りなどを体感しておくことが挙げられます。たくさんのハウスメーカーが集まっているイベントに参加してイメージを膨らませます。