注文住宅のベストな依頼先はどこ?!収納場所はどのように決めればよい?


どこに注文住宅の建設を依頼すべきか

注文住宅を建てる時、重要になるのが依頼先です。大小含めると大量の工務店や建設関連の企業があります。マイホームの建設を依頼する時は、いわゆる地元の環境に精通した老舗の工務店にお願いするのがベストです。日本列島は地域ごとに、環境が大きく異なっています。同じ都道府県、同じ市町村の中でも気候は様々です。地元で数十年以上、注文住宅の施工を請け負っている老舗であれば地元特有の気候を熟知しています。

湿気が多い地域であれば、湿気対策を十分に施した上でマイホーム建設をしてくれます。雨風が激しい地域であれば、雨漏りや突風に強い建材や工法を活用して一戸建て住宅を建設してくれるので一安心です。土地勘のある工務店の方が工事資材の運び入れやスタッフの手配が円滑であり、他の業者に依頼するよりも、短い工期と少ないコストでマイホームの建築が進められます。

収納場所と生活スペースは隣接させる

注文住宅の良いところは家族の要望に合わせて、好きな場所に収納スペースを設けられる点です。生活圏と収納専用のお部屋は、基本的に隣接させた方が便利です。例えば、普段からよく読書をするリビングや個室の近くに、本棚をたっぷりと設置出来る書庫や書斎を設置すれば、本の片づけが楽になります。子供たちが普段よく遊ぶ子供部屋や居間の近くに、ちょっとした倉庫を設けたり、床下に玩具の保管庫を作れば、お客さんが突然訪問してきた時も片づけが楽です。キッチンの近くに、食品や調味料などを素早く出し入れ出来る床下収納を設置すれば主婦や主夫の方々の作業が捗ります。

まずはカタログ請求から始めます。東京の注文住宅なら、よくよく仕様を比べてこだわりを実現できるメーカーとの契約をしましょう。