賃貸オフィスを借りる場所によって生じるメリットとデメリット


都心の一等地にオフィスがあるとイメージがよくなる

起業したときに、どこの賃貸オフィスと契約するのかというのはとても大事なことです。たとえば、都内の賃貸オフィスを契約したらどういったメリットとデメリットがあるでしょうか。まず一番のメリットは印象の良さでしょう。新宿や青山といった一等地にオフィスを構えた場合、社員のモチベーションや会社に対しての忠誠心や誇りを高めるのに効果があるはずです。というのは、そういった場所に通勤して働けるというのは、友人や知人からうらやましがられる可能性が高いからです。また、取引先からはキャッシュに余裕があるとか勢いのある会社と思われるでしょう。都心の賃貸オフィスを借りるためには高額の家賃を払う必要があるからです。

経営不振になると家賃の高さが大きな問題になることも

では、都心の賃貸オフィスを借りるデメリットとしてはどのようなものが挙げられるかというと、やはり、家賃の高さがネックになってくる可能性があることです。会社の経営がうまくいっているうちはいいですが、赤字経営になってしまうと家賃の支払いすら困難になっていきます。これ以上、都心の賃貸オフィスを使い続けるのは無理となればオフィスを移転するしかありませんが、そうなれば業務はしばらくストップし、また対外的なイメージも落としてしまう可能性があるでしょう。というのは、都心のオフィスにはいられないほど、財政状況が悪化していると思われるからです。

東京の隣接県のオフィスだと広くて安い

都内から少し外れて、神奈川県や埼玉県などの賃貸オフィスを借りる場合のメリットとデメリットはなんでしょうか。メリットはやはり家賃の安さです。ただ安いだけではなく、都心の賃貸オフィスと同じ家賃であればずっと広いスペースを借りられる可能性があるのも大きいでしょう。社員が都内から通うには遠くなるとか、交通手段が少ないなどの問題はあるかもしれませんが、会社の運営費を抑えつつ多くの社員を雇いたい企業にとっては、家賃が安くて広いのは魅力的です。

移動に時間をとられてしまう

都心から離れた場所の賃貸オフィスを借りるデメリットとしては、やはり移動時間の問題でしょう。通勤時間もそうですが、たとえば、都心にある会社と打ち合わせるとなった場合、どちらがどちらのオフィスに行くにしても時間がかかってしまいます。ゆくゆくはメールと電話で話を進めていくにしても、初回の打ち合わせだけは実際に顔を合わせたいと考える会社がまだまだ多いのです。もし、自分の会社は都内にあって近場の会社と取引したいというところがあれば、神奈川や埼玉にオフィスがあるという点だけで取引候補から外されるかもしれません。

中央区で賃貸オフィスを検討している方は、東京オリンピック終了後の価格変動を見込んだうえで契約することが推奨されます。