注文住宅を建てる土地の用途地域はどうなっている?建てたい家が建てられるか確認!


低層住居専用地域では建物の制限に注意

土地を購入して注文住宅を建てるとき、その土地がどんな地域に指定されているかを確認しておく必要があります。低層住居専用地域はその名の通り低層住宅しか建てられない地域になるので、その周辺にマンションなどは建てられませんし商業施設などが建てられる可能性もありません。周辺の建物によって日当たりが悪くなる可能性がない土地と言えるでしょう。実際に注文住宅を建てるときにどんな注意が必要かですが、高さ制限などが設定されている可能性があります。最近多くなっている三階建てが建てられず、二階建てになるかもしれません。そのほか土地に対する建物の割合である建ぺい率が低くなっていると、土地はあるのに狭い住宅になってしまいます。希望の建物が建てられるかを調べてから土地を購入する必要があるでしょう。

中高層住居専用地域なら将来の日当たりに問題

住居専用地域は工場や商業施設などがないので静かに住める場所として人気があります。注文住宅を建てるために土地探しをするのであれば住居専用地域から選ぶと良いかも知れません。住居専用地域にもいくつかの種類があり、中高層住居専用地域は一般的な戸建ての住宅の他中高層のマンションなどの建設が可能な地域になります。窓からの日差しがたくさん入る明るい住宅を作ったとしても、東や南側に中高層の建物が建ってしまうと日当たりが悪くなる可能性があるでしょう。いい土地が見つかったら東や南の土地の利用がどうなっているかを調べておき、空き地などがあれば建物の建設計画がないかも調べましょう。何十年も先の計画はわからなくても数年先ぐらいであれば計画がわかるので、日当たりが悪くなりそうな土地を避けられるでしょう。

準住居地域では周辺の環境を確認

食事をするときに常に自宅で行うわけではなく、飲食店の利用もあるでしょう。新たに注文住宅を建てようとするときにはその周辺環境が住みやすくなっているかを考える必要があり、外食をよくするなら近くに商店街があるところを選んだりもします。住宅が建てられる地域として準住居地域があり、商店街などでもよく見られます。生活に必要なお店が近くにあると利便性は良くなるものの、お店によっては風紀の問題や音の問題が出てきたりもするでしょう。購入しようとする土地が準住居地域に該当するときにはその周辺にある商店を事前に調べておきましょう。カラオケができるお店やお酒を提供するお店などがあると夜の音が気になり生活に支障が出るときもあります。それらのお店がないなら問題はありません。

福岡の注文住宅サービスを利用すれば、家族の希望を上手く織り込んだマイホームが建てられます。奥様好みのキッチン、子どもたちに嬉しいウッドデッキ付きの一戸建てに暮らせます。