空き巣のリスクを下げるための賃貸住宅の選び方とは?


マンションやアパートの入口がオートロック

賃貸住宅に住む時には、一番注意しなければいけない事に空き巣被害があります。空き巣被害にあうと、金品を根こそぎ持って行かれる可能性があり、自宅に多額のお金や値打ちがあるものを保管している人は特に注意しなければいけません。そこで、少しでも空き巣被害を減らすためには、マンションやアパートの入口がオートロックシステムを導入しているのかを重視しましょう。もし、誰でも賃貸住宅の内部に入ることができた場合は、不審者も侵入しやすい状況です。

しかし、賃貸住宅の入口にオートロックシステムを導入していると、暗証番号を入力しなければマンション内に入ることができない構造になっているので不審者が侵入しにくい状態になります。

なるべく一階を避けることが大事

賃貸住宅を選ぶ時には、なるべく一階を避けることも空き巣被害にあわないために大事な事です。賃貸住宅の場合は基本的に不審者は玄関から侵入する事が多いですよね。しかし、一階の場合はベランダやバルコニーからも侵入されるリスクが高くなり、結果的に他の階よりも空き巣被害にあうリスクが高くなるでしょう。そこで、なるべく上の階に住みベランダやバルコニーからの侵入を防ぐ必要があります。

ただ、いくら上の階に住んでいる場合でも、マンションの非常階段などから各階のベランダなどに侵入できる場合もあります。そこで、ベランダに侵入されにくい構造なのかも注目する必要がありますよね。一階は、引越し作業が楽でさらに帰宅時もすぐに自分の部屋に入ることができるので生活面で大きなメリットがあります。しかし、空き巣などのリスクもあるのでもし一階に住むのであれば自分で防犯を強化しておく必要があるでしょう。

空き巣被害にあった事がある賃貸住宅を避ける

賃貸住宅を選ぶ時には、空き巣被害にあったマンションやアパートを避けることが大事です。空き巣被害にあう原因としては、鍵の構造が単純だったり、鍵をかけ忘れたなどの不注意があります。ただ、基本的に侵入しやすい構造だったり、鍵が単純で防犯設備が不十分だった場合が多いので空き巣被害にあった賃貸住宅は、今後また同じ被害にあう可能性も十分あります。そこで、念のため空き巣被害にあったのかを不動産屋などで確認してから住むのか決断するようにしましょう。

また、玄関に設置されているインターフォンに意味不明な記号などが記載されていると注意が必要です。この部屋は空き巣被害に入りやすい部屋という事の印である場合があるからです。もし、意味不明な記号が記載されていたら空き巣被害に詳しい人に相談するか他の賃貸住宅を探すようにしましょう。

江別の賃貸物件は、温水洗浄便座などの機能付き物件が多く、さらに家賃相場も3.85万円とリーズナブルに借りられる地域と言われます。