快適に暮らすための室内のカラーコーディネイト術とは?


室内の色合いは快適に暮らすために重要

注文住宅を建てる場合、多くの人はついつい建物の外観や室内の間取りを重視しがちですが、それ以外に忘れてはならないのが室内のカラーコーディネイトです。色合いは室内のイメージに思った以上に影響を及ぼす要素であるため、自分の好みに合うようにカラーコーディネイターなどの専門家としっかりとすり合わせをしたうえで決めるようにするのがおすすめです。例えば、グレーやダークブラウンの壁紙を多用すると、落ち着きがある反面、室内の印象が少し暗くなりかねません。そのような環境が好みであれば問題はありませんが、明るい室内で家族だんらんを楽しみたいと考えているファミリーにとっては理想からかけ離れた家になる可能性があります。そのような理想がある場合には、逆に白やライトブラウンの壁紙を多めに使うようにするとよいかもしれません。

壁紙だけに注目しすぎないこと

室内のカラーコーディネイトというと壁紙に意識が集中しがちですが、実際には室内を彩るのは壁紙だけではありません。特に、床と天井のカラーを決定することになる、天井材とフローリング材にどういった色味のものを用いるかは重要であり、せっかく好みにあう壁紙を選んでも、それらのカラーをしっかり吟味しないまま決めてしまうと、室内全体の色合いがアンバランスになりかねないのです。

もっとも、多種多様な色合いのものが用意されている壁紙と異なり、天井材やフローリング材の色の選択肢はそれほど多くはありません。基本的にはホワイトかブラウンの色味がほとんどで、後は明るめにするか暗めにするかを決められる程度です。そのため、まず最初に天井と床の色を決めてから、それに合うような壁紙を選択するようにするのが失敗しないカラーコーディネイトのポイントであるといえるでしょう。

カラーコーディネイトの基本

室内の色合いを決める場合には、カラーコーディネイトの基本を押さえておくのが大切です。すでに述べたように、落ち着いた雰囲気にしたければ暗めの色を、明るい雰囲気にしたければ明るい色を選ぶのが定石ですが、それ以外に寒色系のカラーは室内が涼し気に見えるようになる一方で、温かく見せるためには暖色系の色が適しています。また、奥の壁面と左右の壁面の色を変えればより奥行きが感じられるようになるため、実際よりも部屋を広く見せることが可能になります。このように、カラーコーディネイトの基本を理解したうえで、室内の色合いを決めることによって、自分のイメージに合う家造りが可能になるのです。

住宅価格3000万の家の価値を考えてみます。大手ハウスメーカーで建てる場合とそうでない場合は、同じ金額を掛けても異なった結果になりやすいので、よく検討してみることが大事となります。