家造りで間取りを考える際に考えるべきポイントとは?


リビングの配置は重要

注文住宅を建てるに際して、まず最初に行わないといけないのは、家の間取りを考えるということです。導線上に障害物があるようなおかしな間取りになってしまうと、完成してから住み心地が悪かったり、日当たりが十分でなかったりして、せっかく多大なコストと労力をかけて出来上がった家が満足できないものになってしまいかねません。そのようなことのないよう、間取りは家造りを始める前から家族の中で何度も議論してイメージを固めておくと良いでしょう。

間取りを考えるにあたって気をつけるべきポイントはいくつかありますが、その中でも気にしておくべきなのがリビングの配置です。特に旗竿地のように入り組んだ場所に土地がある場合や、そうでなくても周辺の環境によって十分な日当たりが期待できない場合には、日光を取り込むためにリビングの場所を工夫する必要があります。例えば、一般的にはリビングといえば一階にあると思い込みがちですが、思い切って二階に持っていくことで一階よりも日当たりの良さは向上することでしょう。その代わりに寝室などを一階に持ってくる必要がありますが、夜寝るだけの部屋である寝室は意外に日当たりが良くなくても困らないのです。

生活導線を考えておこう

間取りのポイントの二つ目は、生活するにあたっての日々の導線を意識するということです。例えば、お風呂に入るのに衣類を脱いで洗濯し、それを取り出してベランダに干し、取り込んでから畳んでクローゼットにしまうという一連の動作を考えた場合、浴室は一階よりもベランダと同じ二階にあったほうが使い勝手が良いかもしれません。寝室も二階に設置すれば重い洗濯物を持って階段を上り下りせずに済むため、非常に過ごしやすい家になることでしょう。

一方、買い物から帰ってきた時のことを考えると、キッチンやダイニングは二階ではなく一階にあったほうが便利です。買い物袋を持ったままキッチンに直行できるようにしておけば、荷物を持って移動する距離が最小限になるため主婦の苦労もその分軽減されるでしょう。それ以外にもシニアの方や年商の乳幼児がいる家庭の場合は、なるべく階段を上らずに生活ができるようにしたほうが過ごしやすいはずですし、外出が多く家にいるのは夜がメインであるということであれば、各部屋のスペースは狭めでも十分かもしれません。実際に住んだ後の暮らしをイメージしつつ、その際の導線を踏まえて間取りを考えれば満足のいく家ができることでしょう。

ローコスト住宅は、資材を流通材を使ったり、設計を汎用させていたりいろいろな工夫がされています。シンプルでありながら耐震性など機能は担保されています。