本当にそのキッチンで大丈夫?生活を始めてからをイメージしよう!


賃貸のキッチンは千差万別

初めて賃貸物件を選ぶときには部屋の広さが十分にあるか、南向きで日当たりが良いかなどといった一般的な確認ポイントを一通り見てみて大丈夫そうなら決めてしまうことがよくあります。家賃が最も重要という意識をしている場合も多く、希望の家賃で悪くなさそうな物件だから契約してしまったという例も少なくありません。ただ、それで納得して住めれば問題はありませんが、意外にキッチンについて不満が生じることもあるので注意しましょう。納得する形で料理ができないことや広すぎることが嫌になって住み替えを検討する人すらいるのです。

賃貸のキッチンは千差万別で流しとコンロが一口あるだけで他に何も置けないようなキッチンもあります。逆に一人暮らしや二人暮らしに適したサイズの物件なのにシステムキッチンが入っていて、食器棚まで設置してあることもあるのです。これから初めて賃貸生活をしようというときにはキッチンの使い方をあらかじめよく考えておき、適切な広さや設備が整っている物件を探すのが重要になります。その基本的な考え方を理解しておきましょう。

生活を始めてから料理をするかを考えよう

キッチンが充実していた方が良いかどうかは人によって異なります。人によっては賃貸生活を始めたら一切キッチンを使うことがなく、買ってきたインスタントラーメンなどの容器を洗うのに流しが必要、弁当を温めるのに電子レンジが必要、保存用に冷蔵庫があった方が良いという程度になる場合もあるでしょう。一方、暮らし始めてみたらやはり料理をした方が良さそうだと思うようになり、始めてみたら面白くなって毎食必ず料理をするようになる人もいます。前者の場合にシステムキッチンが入っていたら無駄になってしまい、後者の場合にキッチンスペースがほとんどなかったら大きなストレスになってしまうのは明らかです。

どのくらい料理をするか想像できないというときに重要なのが、料理をするかどうかを決断しておくことです。しないのであればキッチンは最小限で問題はありません。ただ、やり始めてしまうと本格的に取り組んでしまう人も多いので、暮らし始めたら料理は少しくらいはやるつもりというのなら広めのキッチンにしておくのが安全策です。半端なサイズのキッチンにしてしまうとどっちつかずになってしまい、料理をしなかった場合にも、本気でやりたくなってしまった場合にも引越しを検討することになりかねません。料理をするかどうかを決めて、適切な設備とスペースのキッチンを選ぶようにしましょう。

内地からの意見ですが、札幌中央区の賃貸と聞くと、北海道=厳冬=不便と思われるかもしれませんが、むしろ必要なものが分散している都心よりも生活しやすい街並みにまとまっていますので、安心して住める立地です。