引っ越し時の小さい物と大きい物の片付けの準備方法を解説!


小さい物の片付け方法を伝授

引っ越し当日に準備不足でバタバタしないように、荷物の片付けは早めにスタートしておくことが肝心です。スムーズに準備ができれば、新しい生活も気持ちよく始められることでしょう。衣類や食器類、本やCDなどの小さい物は、すべてダンボールに詰めるのが基本です。衣類はたたんで丸めてダンボールに入れると収納しやすいです。ハンガー物はそのままダンボールにふわっと入れるだけでOK。割れ物は作業や搬出・搬入の際に落としてしまうこともあるため、エアクッションや新聞紙などの緩衝剤を利用して、一つずつ丁寧に包んでおきましょう。そしてダンボール箱に緩衝剤を敷き、重い物ものから順に積みます。隙間に新聞紙などを詰めて、中身が動かないようにしておくとよいです。本や雑誌は紐でしばるだけではバラバラになりやすく、持ち運びしにくいので、小さめの箱に詰めましょう。

荷造りした後のダンボールの外側には、マジックで中身を書いておきます。そして、荷造りしたダンボールの数を数えておき、引越し後もちゃんと荷物が全部届いているか、数をチェックしておくことも忘れずにしておきましょう。紛失しては困る大事な貴重品だけはダンボールに詰めず、引越し当日はバッグに入れて自分で持ち運びます。貴重品とは現金や貯金通帳、大事な契約書類や印鑑です。高価なアクセサリーや時計があるなら、それもまとめてバッグに入れておくとよいです。

大きい物の片付け方法について

引っ越し業者に依頼して引っ越すときは、大きな家具や家電は梱包せずに、そのままの状態で大丈夫な場合がほとんどです。業者側が冷蔵庫や洗濯機などにキズがつかないように毛布などで梱包してくれます。分解しないと搬出・搬入しづらい大きな家具があれば、事前に業者に相談しておきましょう。精密機器であるテレビやパソコンなどは、買った時の箱があれば入れて運んでもらうと安心です。

そして、家電は引っ越し前に、移動するための準備をしておく必要があります。冷蔵庫は前日までに中身を空にして、製氷皿の水も捨てておき、電源を抜きます。洗濯機は排水ホースなどを外し、水がたまっているなら流しておきます。パソコンは、念のためにデータのバックアップをしておくことをオススメします。業者によって、大型家電の梱包や、搬出・搬入の手順は違いがあるかも知れません。そして、引越し後の家具や家電の配置の要望をあらかじめ伝えておけば、そのとおりに搬入してもらえる場合もあるため、大きな物の荷物については、段取りよく引越しがすすむように、引越し業者と事前によく打ち合わせをしておくことが大切です。

苫小牧の賃貸物件の周辺には、野球場やサッカー場を併設する大型の公園があり、多くの市民に利用されています。また、駅前にある大型のディスカウントストアでは、日用品以外に食料品の取扱いがあるので、有用です。